安らぎと癒しの空間。 会社案内

東京鉛株式会社についてご案内いたします。

会社概要

社名 東京鉛株式会社
資本金 3,000万
創立年月日 大正9年8月
代表取締役社長 髙橋將仁
所在地 営業部: 〒273-0017 千葉県船橋市西浦3-1-3  TEL 047(420)3327 FAX 047(420)3328
工場所在地 船橋工場: 〒273-0017 千葉県船橋市西浦3-1-3  TEL 047(420)3327 FAX 047(420)3328
JIS 認証番号 JQ0309015
ISO14001:2004 登録番号CI/10629E(J)

沿革

大正9年8月 東京市本所亀沢町47番地に高橋地金店(当社の前身)を開店、鉛、アンチモン、錫等の合金地金の製造販売を開始する。
昭和3年3月 東京市浅草小島町57番地に移転、高橋合金工場と改称。鉛、アンチモン、錫及びハンダ、ホワイトメタル類の製造販売を開始する。
昭和14年2月 統制経済政策が施行され関係官庁の指示により、東京故鉛精工工業組合を結成する。
昭和17年1月 東京故鉛精製工業組合の工場を東京都墨田区石原1丁目40番6号に設け、軍の指定工場となる。
昭和23年5月 商工省令による故鉛取扱規制が廃止となり東京故鉛精製工業組合を解散する。
昭和23年8月 資本金500万円を以て東京鉛株式会社を創立。本社を東京都台東区浅草小島町2丁目15番地(現、東京都台東区小島2丁目6番9号)に定め精錬工場及び営業部を東京都墨田区石原1丁目40番6号に設ける。
昭和26年5月 通商産業省よりJIS H2105鉛地金第1種~第5種の表示許可を受ける。(表示許可番号 第490号)
昭和27年5月 封印鉛自動鋳造機の特許を取得。郵政省用及一般用の封印鉛の製造を開始する。
昭和27年9月 増資を行い、資本金 1,000万円となる。
昭和30年7月 生産の増加により技術の改善と生産性の向上を企画してエルー式電気炉を新設する。
昭和30年12月 鉛2次製品の製造を企画し鉛管押出機を新設、鉛管の製造販売を開始する。
昭和36年7月 増資を行い、資本金 2,000万円となる。
昭和37年8月 東京都墨田区本所1丁目9番1号に4階建、総面積825平方メートルの従業員社宅を建設、その1階に封印鉛工場を移転する。
昭和38年5月 増資を行い、資本金 3,000万円となる。
昭和40年9月 鉛管の需要増に伴い、1,000屯鉛管押出機を増設する。
昭和43年2月 需要増加に対応して立炉1基を設ける。
昭和43年12月 鉛地金需要の増加と精錬工程の能率を計り新たに反射炉1基を設ける。
昭和55年4月 鉛板製造機を新設鉛板の製造販売を開始する。
平成21年11月 ISO14001:2004認証取得
平成22年1月 JISH 4301認証取得
平成23年4月 営業部及び石原工場を千葉県船橋市に移転